緊急情報

2020.05.26
【新型コロナウイルスに関する感染症について】
真如苑では、社会での感染拡大の防止と信徒およびご家族の安全に鑑み、人の集まる法要・行事等諸活動の全てを、原則、中止してまいりました。5月25日、政府による緊急事態宣言の全面解除発表を受け、総本部・応現院を含めた全国の精舎で行っていた「閉館」措置を解除し、 拡散防止策を講じた上で 「新しい生活様式」に則った活動を順次再開してまいります。
教団では引き続き、この度の感染症でお亡くなりになった方々への廻向と、罹患者の当病平癒、医療関係者のご尽力に感謝し、身体安穏と感染拡大の鎮静化に向けて祈念を重ね、感染拡大防止に向けて、教団一丸となって取り組んでまいります。

信徒の皆さまへ:
各精舎の開館状況等、詳細なご案内は真如苑 信徒サイトをご覧ください。

真如苑 苑主からのメッセージ動画はこちら▶ ▶ ▶
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大を受け、苑主 伊藤真聰のメッセージをお届けします。(2020年3月6日収録、掲載)

法要・行事

真如済摂会

2020.06.21
6月21日、代表信徒の参座する中、苑主 伊藤真聰を導師に応現院で真如済摂会を厳修しました。

真如ハワイ灯籠流し廻向法要

2020.05.24
5月24日、応現院で真如ハワイ灯籠流し廻向法要を苑主 伊藤真聰を導師に厳修しました。

韓国釜山で新型コロナウイルス被害鎮静の祈り

2020.05.10
真如苑は5月10日、韓国釜山のソンサンヒョン広場において新型コロナウイルスの犠牲となった方々の衷心廻向と罹患者の当病平癒、医療従事者の身体安穏と被害鎮静の祈りをこめて読経を行いました。

社会貢献活動

手作り布マスク計約6,700枚を全国自立生活センター協議会加盟団体や長岡市に寄贈

2020.06.15
6月15日までに、信徒や職員の有志から寄贈された手作りの布マスク計約6,700枚を全国自立生活センター協議会加盟団体や長岡市に寄贈しました。

防護服代用のレインコート計3,000枚を3団体に寄贈

2020.05.22
5月22日までに、新型コロナウイルス対策への支援の一環として、防護服に代用できるレインコート計約3,000枚とマスク300枚を千代田区社会福祉協議会と日本赤十字社東京都支部、武蔵村山市の社会福祉法人にお届けしました。

国連WFP協会、国連UNHCR協会に計1,000万円の寄付

2020.05.18
5月18日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により深刻な影響を受けている方々に向けた支援として、国連WFP協会、国連UNHCR協会に計1,000万円の寄付を行いました。
ニュース情報一覧

更新情報

  • 真如苑インフォメーション
  • 真如苑の提供番組
Facebookでシェア
Twitterでシェア
メールで送る
ページトップへ