番組情報

真如苑提供番組のご案内です。

■ スカパー! 「常楽我浄」 (529ch)

スカイパーフェクTV!のベターライフチャンネル(529ch)に番組を提供しています。さまざまな分野で活躍する人々を紹介する「イキイキ地球人!」のほか、真如苑の法要や、国内・海外の施設を訪ね、人や歴史を紹介しています。
(毎月1日更新)

2020年11月 スカパー!の番組予定

『H(アッシュ)』 「彼方に届く戀」 歌人・水原紫苑
放送日:11/3(火)22:00-22:30
三度目の春の京都。水原さんは旅の始めに流響院を訪れます。短歌は旅の中で即詠をすることが多いと言います。中でも流響院は特別で「いつもここはわたしを気持ちよく迎えてくれる」と語るやいなや、5分に一首のペースで次々と産声を上げていく短歌。庭園の奥に咲く桜を見て駆け寄って行く姿は童女そのものです。桜はかつて稲作の豊凶を占うための、呪的な、祈りの花でした。そんな重荷を背負った桜に水原さんは自分を投影します。そして、死生観の感じられる今年の水原短歌は、三千院でその誕生の理由を明らかにしたのです。
自ら仏を彫る系譜 昭和の仏師 伊藤真乗 
放送日:11/7(土)22:00-22:30,11/17(火)18:00-18:30
自ら仏を彫った高僧の仏像と、祈りの形に迫るシリーズの最終回は、昭和の仏師と呼ばれた伊藤真乗を紹介します。真乗は京都の真言宗醍醐派総本山、醍醐寺で修行を重ねて阿闍梨となり、戦後、在家の教団・真如苑を開創しました。真乗にとって、仏を刻むことは祈りの行為でした。仏像が作られたのは釈尊入滅から五百年後。仏像はどのようにして誕生したのか。仏像の世界的歴史に触れ、大佛師の松本明慶氏、文化プロデューサーの迫村裕子氏が真乗仏の魅力と本質を語ります。
真澄寺ものがたり~ほとけの心を灯して~
放送日:11/10(火)18:00-18:30
2018年、開基80年を迎えた東京都立川市の真如苑・真澄寺。真言宗醍醐寺の僧侶であった真如苑の開祖・伊藤真乗と妻・伊藤友司が造ったこの小さなお寺には、今も人々がお参りに訪れています。米国人の日本文化研究者ナタリア・ドーンさんは、ハワイとニューヨークで行われた真如苑の灯籠流しへの参加がきっかけとなり、真澄寺を訪れる事になりました。祈りの場と生活の場が共存する「修験寺」であった真澄寺。創建当時のエピソードに触れたナタリアさんが、そこに込められた思いを見出します。
清里フォトアートミュージアム 台湾写真交流展 島の記憶‐1970~90年代の台湾写真
放送日:11/14(土)22:00-22:30,11/24(火)18:00-18:30
清里フォトアートミュージアム(K★MoPA)では、2018年12月2日まで、初の海外美術館との交流展「島の記憶-1970~90年代の台湾写真」 が開催されています。番組では、台湾の写真家や日本の写真関係者が多数来館したオープニングセレモニーの様子をお送りします。K★MoPA所蔵の貴重な収蔵コレクション見学会、出展写真家によるアーティスト・トーク、来日した台湾写真家や日本を代表する写真家達の貴重なインタビュー映像などから、写真を通した日本と台湾の文化交流の絆を描きます。
『H(アッシュ)』 冬、ゴチソウサマ。東直子
放送日:11/21(土)22:00-22:30
歌人の東直子さんがたどる京都の冬の旅。流響院は雪に覆われ紅葉の美しかった風情とは違う表情を見せています。しんしんと降り積もる雪に生の温もりを見つけることから旅はスタートします。底冷えのする京都には長年の間に培われてきた食の知恵があります。湯葉、けいらんうどん、そして名物いもぼうなど、古都ならではの食の文化と味に舌鼓を打つ旅になります。北の貴船神社で水占いをした東さんは北山杉の山奥に見たのは粉雪の吹雪でした。そこで生まれた短歌とは。旅の最後に流響院に戻ってきた東さんは涅槃像に触れ、見つけたものがあります。それは温もり。お楽しみに。
オラショ 外海の祈り ~長崎 キリシタンの里を往く~
放送日:11/28(土)22:00-22:30
長崎県・外海(そとめ)地区。東シナ海に面し、眼前に雄大な自然が展開するこの地は、16世紀中頃にほとんどの住民がキリスト教徒となりました。しかし17世紀初めの江戸幕府による禁教令により、彼らの信仰は徹底的な弾圧にさらされます。命すら失いかねない状況の中で、それでも教えを全うし、受け継いできた人々がいました。そんな彼らの信仰が今も外海に息づいています。彼らの残した伝承や遺構、そして信仰。それらを手がかりに、いかなる痕跡をも消し去ろうとする徹底的な弾圧にあらがった、外海の名もなき人々の姿に迫ります。

■ ジェイコム多摩 「jorakugajo」 (11ch・111ch)

スカパー!(529ch)で放送されている「常楽我浄」の中からの選りすぐりの番組を提供しています。「東京都立川市・昭島市・国立市・武蔵村山市・東大和市」の5市にお住まいの方で、マイテレビにご加入されている方および、テレビ難視聴エリア工事を受けている方にご覧いただけます。
(毎月1日更新)

2020年11月 ジェイコム多摩の番組予定

毎日23:00~23:30(11/23~29のみ、15分番組を2本放送予定)

『H(アッシュ)』心すむべき処へ 高柳克弘・神野紗希 京都の秋を巡る
放送日:11/1(日)
俳人夫妻の高柳さんと神野さんがたどる京都の秋の旅。秋の流響院が見せる見事な紅葉と背景となる東山が生み出す借景に心打たれる2人。秋という季節、ものが衰えることに関心を抱く高柳さん、だからこそ人間の生命力に目を向けたいという神野さん。流響院の紅葉、そして嵯峨野の風情、芭蕉ゆかりの落柿舎に足を伸ばしそれぞれが違うアングルで、吟行を重ねます。見るだけでなく、音や匂い、空気の肌ざわり、質感。いろんな感覚が総動員され、秋という季節が詠まれていきます。言葉と実直に向き合う2人が生み出す俳句をお楽しみに。
自ら仏を彫る系譜 昭和の仏師 伊藤真乗 
放送日:11/2(月)~11/8(日)
自ら仏を彫った高僧の仏像と、祈りの形に迫るシリーズの最終回は、昭和の仏師と呼ばれた伊藤真乗を紹介します。真乗は京都の真言宗醍醐派総本山、醍醐寺で修行を重ねて阿闍梨となり、戦後、在家の教団・真如苑を開創しました。真乗にとって、仏を刻むことは祈りの行為でした。仏像が作られたのは釈尊入滅から五百年後。仏像はどのようにして誕生したのか。仏像の世界的歴史に触れ、大佛師の松本明慶氏、文化プロデューサーの迫村裕子氏が真乗仏の魅力と本質を語ります。
『友心(ゆうしん)』 人生のメビウス ~柳美里の北リアス線~
放送日:11/9(月)~11/15(日)
芥川賞作家の柳美里さんは本を書くときに、よく旅に出て電車に乗る。今回、三陸鉄道の北リアス線に足を向ける。浄土ヶ浜を起点に、北へ向かう列車に。岩泉小本駅では命からがらに津波を脱した漁師に話しを聞き、終着の久慈では最初は金槌だった新人の海女さんに出会った。岩手県の三陸鉄道は、陸の孤島と呼ばれる地域を結ぶ命綱だったと言う。駅がつながることで人の心もつながっていく。柳さんが確信したのは鉄道そのものが、人の生きる希望へつながる切実な導線になっていたということ。そんな感動の旅をご覧下さい。
世界宗教セミナー 神道編 かみとほとけ 神仏習合・再考
放送日:11/16(月)~11/22(日)
世界宗教セミナー(神道編) 2015年11月、大阪府、高槻市にある真如苑の寺院、悠音精舎にて開催されました。講師としてお迎えしたのは、春日大社権宮司として長くお仕えになられました岡本彰夫さんです。今回の放送では、神と仏 神仏習合再考という講題で、神道と仏教の違いや類似点など二つの宗教が、お互いに敬意を払いながら共存しているあり方、いにしえの日本人が双方を尊んできた実例をお話しくださいます。
USC伊藤真聰宗教文化センター~日本の宗教文化が灯す世界への光~
放送日:11/23(月)~11/29(日)
アメリカ・ロサンゼルスの名門、南カリフォルニア大学(USC)で宗教学部の教授を務めるダンカン・ウィリアムズ氏。「宗教が果たす世界平和への歩み」を研究テーマに掲げる彼は、その歩みのために最も必要な思想として、なんと「日本の宗教観」を挙げます。2014年には自らが発起人となり、USC内に日本仏教と連動する研究施設「伊藤真聰宗教文化センター」を設立しました。そこで多くの講演やワークショップを開催し、多くの学者や学生と共に研究に勤しんでいます。なぜ、世界平和に「日本の宗教文化」の理解が欠かせないのか?その真意に迫ります。
台湾灯籠流し2015 ~友心のリエンイー~
放送日:11/23(月)~11/29(日)
2015年4月19日、台湾新北市で灯籠流しが行われました。参加者は一般の方を含めて1万4千人、流された灯籠は1万近くにも上るイベントになりました。この番組では一般の方から見た灯籠流しの様子をドキュメントします。謝さんファミリーは道教を信仰する典型的な台湾の家族です。長女を筆頭に昨年双子が生まれ、ご主人はインテリアデザイナーで活躍中、奥さんは赤ちゃんの世話に大忙し。そんな謝さんファミリーが初めて目にする灯籠流しの様子を追いかけます。長女のモンチェンちゃんが灯籠に込めた願いとは?
運慶仏をたずねて~半蔵門ミュージアム~
放送日:11/30(月)~12/6(日)
2018年に開館した半蔵門ミュージアムは、真如苑所蔵の仏教美術品が展示されている文化施設です。ここには運慶作と推定されている大日如来坐像があります。番組では日本仏教彫刻史の第一人者である山本勉さんと、仏像に一番近いアイドル、元ミス鎌倉の野口実穂さんを迎え、この大日如来像の特徴と素晴らしさを伝えます。半蔵門ミュージアムの大日如来坐像に感動した野口さんは、神奈川県横浜市にある称名寺で発見された運慶作の大威徳明王像に出会います。日本の歴史、文化、そして仏師の技に込められた気持ちに触れる番組です。
ページトップへ