最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

2008年度ヤング・ポートフォリオ永久コレクション証書授与式

2009.05.23

五月晴れに恵まれた5月23日(土)、写真美術館・清里フォトアートミュージアム(K*MoPA)=山梨県北杜市にて、「2008年度ヤング・ポー トフォリオ」に選ばれた39作品(国内21名、海外18名)に対する永久保存証書の授与式が行われました。08年度の選考には、33カ国456名から 6281点の応募がありました。
授与式では、本橋成一氏(08年度選考委員)江成常夫氏(09年度選考委員)など、若手写真家にとっては憧れの存 在となる写真家たちが見守る中、同館館長の細江英公氏より、式典に参加した14名の受賞者(日本11名、海外3名)に証書が手渡されました。式後に行われ た歓談の場では、恒例の受賞者が今後の抱負を語る1分間スピーチ、先輩写真家からの個別アドバイスや作家同士の交流など、今後の活動への大きなエポックと なる出会いが設定され、これもヤング・ポートフォリオの魅力の一つとなっています。
ヤング・ポートフォリオは、国内外から35歳以下の若い写真家 の作品を公募し、優れた作品を永久コレクションとして保存することによって、若い作家の育成を支援すると共に、優れた写真作品を後世に遺す活動で、今年で 14回目となります。イタリア、オランダ、カナダなど海外メディアにも取り上げられ国際的にも高く評価されています。

<清里フォトアートミュージアム>
真如苑開祖・伊藤真乗の郷里にほど近い山梨県北杜市に、日本では珍しい写真美術館として、1995年に オープンしました。若い頃より写真に興味を持っていた真乗は、コンテストに入賞するほどの腕前でした。立教(昭和11)の頃より、真乗が撮りためた写真 は、当時を知る貴重な資料となっています。なお、真乗の写真は、2006年から国内外で開催された「生誕100年記念 伊藤真乗の目と手」展でも展示され ました。


「2008年度ヤング・ポートフォリオ展」
会期 2009年2月21日(土)~6月28日(日)

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。清里フォトアートミュージアム http://www.kmopa.com/
 

 

2008年度ヤング・ポートフォリオ永久コレクション証書授与式

社会貢献活動
ページトップへ