最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

星供開白護摩法要

2009.12.22

冬至にあたる12月22日、「星供開白護摩法要(ほしくかいびゃくごまほうよう)」が応現院において厳修されました。
「星供」は「星供養」 「星まつり」とも呼ばれ、真言宗や天台宗の寺院で行われる法会です。その人の運命を司るという本命星(ほんみょうじょう)を供養し、その年に巡りあたる星 をまつって悪事、災厄を免れ、運が開けるよう祈願を込めます。22日を開白として節分会まで祈念が重ねられ、満願を迎える2月3日には「星札(ほしふ だ)」が下附されます。
この法要の模様は、全国の支部寺院に衛星中継で送られました。法要後、苑主は参座の教徒へ挨拶し、「明年の皆様の星が良き 星となるよう今日は一心に祈らせていただきました。祈願を込める護摩はつい自分本位になりがちですが、み仏様の願いに応える真の精進(他に幸せを与える行 い)によってさらに運命が開かれていくものです」と、大乗利他の大切さを述べました。

 

星供開白護摩法要
法要・行事
ページトップへ