最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

市民のための公開講座

2010.05.28

《身近なくらしから考える環境問題》シリーズ第12回

5月28日、シリーズ12回目となる「市民のための公開講座」が応現院(東京都立川市)開催されました。
今回のテーマは「世界を旅するマグロの真実ーマグロ消費国日本の役割と責任を考えるー」。
WWF(世界自然保護基金)の山内愛子氏(水産担当オフィサー)を講師にお迎えして、今回のワシントン条約会議で大きくクローズアップされた”クロマグロの問題”について、分かりやすく解説いただきました。
山内氏は、WWFの水産プログラムで特に大西洋のマグロ問題がご専門です。様々な漁港に足を運ばれたご経験を基に、クロマグロを例に過去数10年で急激に水産資源が減少している実態などを、様々なデータやグラフを交えながらご説明くださいました。
「市 民のための公開講座」では、私たちの生活に深く関わる様々な問題を取り上げて、各界の第一線でご活躍の専門家の方に分かりやすくお話ししていただきます。 ≪身近なくらしから考える環境問題≫シリーズでは、一人ひとりが身近な暮らしから環境問題について考えていただくきっかけになればと企画されています。
主催:真如苑 社会交流部、後援:財団法人世界自然保護基金ジャパン、財団法人日本野鳥の会
 

 

市民のための公開講座
社会貢献活動
ページトップへ