最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

秋季彼岸会

2010.09.23

秋分の日にあたる9月23日、午前10時半より、苑主・伊藤真聰の導師による「秋季彼岸会」が広島県福山市にある真如苑福山支部で行われました。法要の模様は総本部、応現院をはじめ全国の本部支部寺院に衛星中継で送られ、全国各地で多くの教徒が参座しました。
真如苑福山支部は、昭和63年、現在の苑主・伊藤真聰の導師により中国地方で初めて落慶された支部寺院です。中国・四国地方の古くからの教徒にとっては、多くの思い出が残る依所でもあります。
苑主・伊藤真聰は、今月19日の徳島支部(徳島県徳島市)落慶入仏開眼法要を終えた後に、愛媛、岡山の教徒の集いに臨席し、そのままこの福山支部に足を運びました。
当日は、中国地方の代表教徒と広島県の教徒が参集する中に「秋季彼岸会」を厳修。参座の教徒は苑主の導師にそれぞれ祈りを重ね、各家先祖、有縁無縁関係霊、災害戦争犠牲者、一切万霊に怨親平等の廻向の祈りを手向けました。

 

秋季彼岸会
法要・行事
ページトップへ