最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

真澄寺で修築後初の大護摩

2010.12.28
12月28日(火)午前10時半より、総本部(東京都立川市柴崎町)の燈檠山真澄寺(とうけいざんしんちょうじ)で、同寺修築後初の護摩法要「祈誓大護 摩供」が苑主・伊藤真聰の導師によって執り行われました。総本部には約1600名の代表教徒が参座し、その模様は応現院をはじめ全国93ヶ所の本部支部寺 院に衛星中継されました。

昭和43年に現在の総本部の地に落慶した現・真澄寺(旧・真澄寺は昭和13年落慶 ※)は、2007年秋より 行われていた耐震修築工事の為、約3年の間、法要などは行われずに閉鎖れていました。その間、本尊である開祖・伊藤真乗謹刻の「涅槃法身不動明王」と、真 澄寺奥の院に安置されていた伝運慶作の「大日大聖不動明王」は、総本部の他のお堂に遷座されておりました。このほど、2010年の秋に修築工事が完了し、 再び2体の不動明王像を真澄寺ご宝前に安置。新しく改築なった真澄寺で、12月20日には「不動明王奉安法要」が行われ、そしてこの28日には「祈誓大護 摩供」が行われました。当日は、並んで安置された「涅槃法身(ねはんほっしん)不動明王」と「大日大聖不動明王」の尊前の護摩壇で護摩が修されました。参 座の教徒も読経で唱和。今年一年の荘厳事業の成就を祈念すると同時に、開祖が立教以来、不動の心で利他の祈りと実践を貫いてきたように、利他行の実践を日 常の中に表していく誓いも重ねていきました。

読経の後には、護摩壇から採火された燈火が次代を担う青年たちに手渡されていく「燈火セレモニー」が行われました。参座の教徒が見守る中、燈火は多くの青年たちの手によって次々に手渡され、み仏の尊前に献じられました。

※開祖夫妻が、現在の総本部の地に最初に建立したお堂が「燈檠山真澄寺」であり、昭和43年の総本部拡充工事の際に、新しい真澄寺に建て替えられました。昭和13年落慶の旧・真澄寺は、現在、当初の姿のまま他の場所に移築されております。
法要・行事
ページトップへ