最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

支援の輪 海外に拡がる

2011.04.20
震災発生直後から救援ボランティアグループ・SeRV(サーブ)を派遣し、東北地方の被災地を中心に支援活動を行っている真如苑。その支援の輪は海外にも 拡がりをみせています。海外在住の信徒や、これまで交流を重ねてきた人々・団体から義援金や応援メッセージが寄せられています。

アメリカのUSA 本部(カリフォルニア州レッドウッドシティ)では3 月26 日、信徒がお菓子や総菜を精舎に持ち寄り、チャリティバザーを行いました。あわせて募金活動も行われ、2,000 ドル以上の義援金が集まり日本に送金されました。テキサス州ヒューストンでも信徒が現地の日本人らとともに生活用品や衣類を集め、ガレージセール・チャリ ティ(フリーマーケット)を開催。集められた義援金はアメリカの赤十字に届けられました。ニューヨークでは現地在住の信徒が一般市民に呼びかけ、被災され た方々への応援メッセージを募集。寄せられたメッセージを動画編集して動画配信サイトYouTube へアップしたり、同市で行われたチャリティイベントにスタッフとして参加したりするなど、各々が身近なところから活動を展開しています。
また、真如苑が奨学金支援を行っている海外の大学にも被災地支援の輪が拡がっています。中国の甘粛省農業大学と甘粛連合大学の学生達からは見舞いの手紙が 寄せられました。甘粛農業大学では真如苑の奨学金を受けている学生達が中心となって募金活動を行い8,100 元(日本円にして約10 万5 千円)が集められました。募金活動を行った学生達の「真如苑を通して被災地支援に役立てて欲しい」との希望から、信徒から寄せられた義援金と共に被災地支 援に役立てられます。
このほかフランスや台湾などあわせて4 つの国と地域からお見舞いのメッセージやチャリティ活動への参加、義援金など様々な形で支援が寄せられています。
社会貢献活動
ページトップへ