最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

東日本大震災一周忌忌日法会、衷心廻向

2012.03.01
東日本大震災発生より1年となる3月11日(日)午後2時30分より、応現院(立川市)と、被災地域の5ヶ所の依処、八戸支部(青森県八戸市)、東北本部 (岩手県盛岡市)、仙台支部(宮城県仙台市)、福島支部(福島県郡山市)、茨城精舎(茨城県土浦市)にて「東日本大震災一周忌忌日法会」を執行いたしま す。

応現院では、震災発生後より続けて祈念込められてきた「東日本大震災犠牲者衷心廻向」の木札を、被災地域の各依処では、「東日本大震災犠牲者之霊位」の位 牌をそれぞれ内陣に荘厳し執行。当日は、開式後の法話の後、参座者一同で地震発生時刻の午後2時46分にて黙祷をおささげした後、読経へと進み、亡き方々 に祈りを運ばせていただきます。
この法会は、信徒だけでなく、親族や友人を亡くされた方や、菩提寺が被害を受け御供養が難しい方など、共に広く廻向の祈りを運ぶ法会として執行いたします。

また、3月20日(祝)には、一切万霊に怨親平等の廻向の祈りが手向けられる彼岸会に併せ、昨年と同様、震災で犠牲になられた方々への廻向の祈りと、一日 も早い復興を願い、「春季彼岸会併せて東日本大震災衷心廻向法要」を、苑主伊藤真聰を導師に、全国各依処と衛生中継を結び、応現院にて執行させていただき ます。当法要も信徒のみならず一般の方々と共々、被災地域の依処をはじめ、全国の参座者で祈りを運ばせていただきます。

今後も、真如苑では、震災でお亡くなりになられた方々のご冥福、被災地域の一刻も早い復興を願い、教団一丸となって祈りを運ばせていただきます。
法要・行事
ページトップへ