最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

成道会

2012.12.08
12月8日(土)午前11時より、応現院(東京都立川市)において「霊祖生誕百年 成道会」を執行いたしました。
釈尊が悟りを開かれたことを記念して行う成道会は、釈尊誕生の「降誕会(ごうたんえ または 灌仏会・かんぶつえ)」、入滅の「涅槃会」とともに「三仏会」とよばれ、仏教徒が大切にしている法会のひとつです。
法要後、導師を務めた苑主・伊藤真聰は本法要の意義について、成道を妨げようとする悪魔から釈尊を身を挺して守ったと言われる龍王(ナーガ)と、来年の干支である巳(へび)とを絡めて説き、さらに、仏法を理論理屈でとどめず、日常の実践に表していく大切さを語りました。
法要・行事
ページトップへ