最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

不動明王勧請の日・納めの法前供

2012.12.28
2012年、真如苑にとっては霊祖生誕百年の佳節を締めくくる「霊祖生誕百年 不動明王勧請の日・納めの法前供」が、12月28日(土)11時、苑主・伊藤真聰の導師により応現院にて厳修され、全国の本支部寺院に衛星中継されました。
この日は年に一度、開祖・伊藤真乗が昭和10年12月28日に勧請し、立教のきっかけともなった大日大聖不動明王の厨子が開扉される日でもあり、苑内では 「出発の日」と定められています。参座の教徒は三礼の後、心静かに大日大聖不動明王の尊容を仰ぎ、続く読経に今年一年の感謝と明年に向ける希望を込め、新 たな出発を心に誓いました。
法要後、苑主・伊藤真聰は、77年前に開祖が不動明王を勧請、その極大慈悲と不動心を以て修行を貫き、大般涅槃経を所依の経典とするに至った歩みを振り返り、「私たちも不動明王の極大慈悲の心と不動の心をいただいて、精進を貫いていきましょう」と述べました。
法要・行事
ページトップへ