最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

福島農家の野菜を、岩手県被災者へお届け

2013.09.01
真如苑は東日本大震災支援の一つとして、風評被害が著しい福島県の農家と、震災による生活困窮からの回復を手助けしている団体を結びつける支援を行っています。

真 如苑は2012年から、震災により生計者を失ったり、病気や怪我などにより就業が困難で生活支援が必要な世帯を支援している一般社団法人SAVE IWATEを通じて、農家40~50軒で組織される福島県有機農業ネットワークから放射線検査済みの福島県産の安心・安全な旬の野菜を提供していますが、 今回新たにNPO法人遠野山・里・くらしネットワークへの提供を開始しました。

この取り組みは、新鮮野菜を、年間を通して農家と支援団体 と真如苑が連携して、必要な方に、必要な時に、必要な量が、行き渡るよう配慮され、被災者の近況や相談を聞く見守りスタッフの手によって届けられます。野 菜支援を受けている団体からは「被災者はいつも支援されていることで、いつも応援してもらっている実感を得られる」「支援物資はお米と缶詰しかなかったと ころ、新鮮野菜が届いて嬉しい。野菜をたくさん食べて被災者に元気になってほしい」とお礼の言葉が寄せられました。

福島県有機農業ネットワークには、農産物の放射線測定や放射線による土壌汚染マップ作成のために2012年3月に放射線測定器2台を寄贈しました。
社会貢献活動
ページトップへ