最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

教師補任式併せて僧階増補式

2013.11.09
11月9日、応現院において教師補任式併せて僧階増補式(そうかいぞうほしき)が行われました。この式典にて5000名余の教師が新たに誕生し、 31000名余の教師に新たな僧階(僧位=僧の階級)が授与され、苑主・伊藤真聰より新たな教師の代表者2名に補任証書と教師輪宝(バッジ)が、新たに僧 階を拝受した代表2名には増補証書と袈裟が贈られました。

真如苑の教師は、教師養成機関である智流学院で3年間の課程を経て教学を学びな がら大乗利他の実践に励み、卒行後、さらに一定期間、社会生活の中で実践を重ねた者に対して任命される教師資格です。また、教師資格を拝受すると共に、開 祖・伊藤真乗が大僧正となった醍醐寺の伝統法流を基盤に創始した「真如三昧耶流」につながる僧階も授与されます。そして、さらに教師として、日常生活で大 乗利他行の積み重ねと後進の育成に尽力した功労により、新たに僧階が授与されます。

本日の慶事を通して、新たに教師となった者も新たな僧階を拝受した者も、在家の僧侶としての自覚を深め、身近な人々の心や悩みに応えるまことの実践行の誓いを新たにしました。
法要・行事
ページトップへ