最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

被災地の子どもたちへの支援

2013.12.30
東日本大震災の被災地では、今なお不自由な生活を送る子どもたちのために活動している団体があります。真如苑は、その活動を応援するため「NPO法人冒険あそび場せんだい・みやぎネットワーク」(仙台市)と「北上プレーパーク有志の会」(石巻市)に支援をしました。

子どもたちの外遊びは成長に重要な役割を果たすと言われますが、被災した子どもたちは生活環境が大きく変化しただけでなく、公園や学校の校庭といったこれまで自由に遊んでいた場所が使えなくなるなど心身ともにストレスを抱えています。

「冒 険あそび場せんだい・みやぎネットワーク」は、子どもたちが自由に遊ぶことができるよう環境を整え、遊びの企画・運営をするプレーリーダーの育成などを 行っています。震災後は、公園など子どもの遊び場所がない仮設住宅や学校へ、車に遊び道具を積み込んで出向く活動など、子どもたちが安心して遊べる場所を 提供しています。

「北上プレーパーク有志の会」は、学校の裏山で“うらやまでプレーパーク”を開いています。この活動は、津波による大き な被害が出た地域で避難場所として整備された学校の裏山に子どもたちが慣れ親しみ、子どもたちだけでも避難できるようになって欲しいという願いから始めら れました。
社会貢献活動
ページトップへ