最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

東日本大震災 忌日法会

2014.03.11
東日本大震災発生から丸三年を迎えた本日、14時30分より、応現院と関東・東北の6つの本支部寺院、八戸支部(青森県八戸市)、東北本部(岩手県盛岡 市)、真如苑 仙台(宮城県仙台市)、福島支部(福島県郡山市)、茨城精舎(茨城県土浦市)、千葉精舎(千葉県千葉市)の計7カ所にて、「東日本大震災忌 日法会」が行われ、応現院では国際教徒を含む約1300名が参列しました。

応現院にて導師を務めた天野武男本部長は、開式にあたり挨拶を述べ、
「教団は『祈りと支援』の二つの柱で復興に向けて努めており、SeRVの活動も、今後も意気の長い支援を継続しています。どんなに苦しい時でも、決して自 分は一人ではないと心に刻み、明日に向けて立ち上がっていくことです。どうか、お互いが真実、融和し、ともに扶け合いながら、精進を重ねてまいりましょ う。」
と、苑主のメッセージを代読しました。

震災発生の午後2時46分には、応現院全館で黙祷をお捧げしたあと、真如密に則り廻向法要を執行。犠牲となられた方々が救いの功徳に浴されるよう、参座者一同、読経に唱和し、至心に廻向の祈りを運びました。

なお、真如苑では3月21日に行われる春季彼岸会においても東日本大震災衷心廻向法要を修め、廻向供養と復興祈念を重ねてまいります。

20140311
法要・行事
ページトップへ