最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

ハワイの海で16回目の灯籠流し

2014.05.26
米国メモリアルデー(戦没者追悼記念日)に合わせて今年もハワイ灯籠流しが行われました。ハワイの観光スポット、アラモアナ・ビーチには世界各地から約5万人もの人々が訪れ、亡き家族、友人や自分につながる先祖への思いを約6000の灯籠に託しました。

苑 主は、挨拶に立ち「灯籠流しは、過去現在未来のいのちが一つにつながり幸せを感じる特別な機会です。灯籠の火を点すとは、無量のみたまに感謝を表すことで す。灯籠の明かりを通して、(自らの)心の光(善き個性)に気づき、大切にし、可能性を開くこと。それは人の幸せを願い、身近なところから温かさ優しさを 広げていけば、より大きな光となります。一つ一つの明かりは小さくとも、お互いを認め協調するとき、多様なままに耀く美しい光となります。」と、今日の感 動や他を思う優しく温かい気持ちを明日からの行動に移しましょうと参加者に語りかけました。

灯籠流しで参加者から寄せられた寄付金はすべてホノルル市に贈呈されます。また、流された灯籠は、ボランティアと真如苑によってすべて回収され、リサイクルされます。

=「2014年ハワイ灯籠流し」報道=
・現地テレビ局KGMBにてハワイ全土にむけて生中継
・現地日刊紙スター・アドバタイザーに掲載(5月24日、25日)
・全米の主要紙のUSA TODAY「メモリアルデーにいくべきビーチ」として紹介
・全米ネットワーク・NBC放送のウェブサイトで動画配信
・ロイターにより全世界に配信され、山形新聞と河北新報に掲載

法要・行事
ページトップへ