最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

青年信徒を対象にAED講習を実施

2014.07.21
7月21日、首都圏の青年会員を対象に、応現院でAED(自動体外式除細動器)の講習が行われました。
この講習は、平成17年から職員を対象に年2回継続して行ってきたもので、今回は初めて信徒が対象となります。

3名の認定講師が来苑し、DVDにて心臓突然死にまつわる話や、初期対応によるAED使用の有効性・使用方法を学習した後、実際にAEDの使用を想定した演習を行いました。
 
今回の講習に参加した23名の青年は、無事に講習を修了。「いざ」という時の救命処置の方法を修得しました。
講習は今後、全国の本支部でも行われる予定で、9月には関西の悠音精舎で行われることになっています。

AED講習の演習風景
社会貢献活動
ページトップへ