最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

全国の寺院で節分会

2015.02.03
午前11時より全国の寺院を衛星中継で結び、応現院にて苑主・伊藤真聰を御導師に「節分会」の法要が修されました。この日は、昨年の星供開白から祈念こめられ、満願にもあたるため、法要中には「悪星退散、善星皆来、当年星、本命星、元辰星」と皆でお唱えしました。
 
法儀に続き、壇上に立った苑主は、み仏の教えにより、鬼の心から安産の神へと生まれ変わった鬼子母神の話に触れ、自らの心を変えていくこと、転生出離の大事を説かれました。
「他のために尽くしていくことで、星は磨かれ、心の中にいる鬼を浄めていくことができるのです。ご自分の心の中にある善と悪に気づいたら、しっかり見つめて転生出離していきましょう」
と語られました。
その後内陣にて、ご讃題を唱えたのち、苑主の「鬼は外、福は内」の先導により、全国の年男年女によって、各依処で一斉に豆まきが行われました。

応現院では、改心した赤鬼、青鬼が登場し、各会場を沸かせていました。
節分会
節分会
法要・行事
ページトップへ