最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

真如霊妙讃仰法要を厳修

2015.02.04
今から79年前(1936年)の2月4日未明、
「顕より密に入り、正しく修行し、世のため人のために正しく道を貫くべし」
という最初の霊示が開祖の妻である摂受心院(伊藤友司)に示されました。
これが立教への後押しとなり、以来、開祖夫妻は霊示のごとく真実一人の救いにかけ、宗教家としての生涯を貫いてきました。
立教へとつながる大きなきっかけとなった2月4日、真如霊妙に報謝を捧げる法会として、「真如霊妙讃仰法要」を厳修いたしました。
 
法要・行事
ページトップへ