最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

山形県で雪遊び ─ 保養プログラムを開催

2015.02.22
山形県で雪遊び ─ 保養プログラムを開催真如苑は東日本大震災復興支援事業の一つとして、(社)真如育英会(※) を通し、2月21日、22日の2日間、NPO法人シャローム災害支援センターと共に山形県川西町にて保養プログラムを実施しました。
今回は、運営スタッフとしてSeRV山形も協力し、福島県在住の小中学生18名と一緒に山形県川西町の「おもいで館」を訪れ、雪遊びや伝統行事の「ヤハハイロ」を体験するなど、参加した小中学生は屋外での遊びを満喫した様子でした。

※)一般社団法人 真如育英会
修学、就職に困難がある日本国内外の学生、生徒、児童及びその他の青少年に対して、学資の贈与、職業訓練等の教育・就職支援活動、日本文化研修など、国際 招聘・国内外の交流事業を実施し日本社会及び国際社会において貢献できる人材の育成を目指す団体です。今迄、インド、エジプト、カンボジア、タイ、中国、 トルコ、バングラディッシュ、ブラジル、ベトナムで支援を行っており、震災後は福島の青少年とその家族を対象にした保養プログラムを主催しています。

真如苑は平成24年5月から、福島県で被災した子どもとその家族に向けて「保養プログラム」を企画、真如苑が所有する青梅の杜(東京都青梅市)や清里フォトアートミュージアム(山梨県北杜市、K*MoPA)をはじめ、東北や北陸、北関東の一般施設などにおいて、自然と触れ合いながら楽しいひと時を過ごすプログラムを提供しています。

今後も参加者の希望や意見を汲みながら、同支援センターや現地の方々と協力し保養プログラムを継続していく予定です。
社会貢献活動
ページトップへ