最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

東日本大震災忌日法会を奉修

2016.03.11
東日本大震災から5年を迎えた3月11日、午後2時30分より「東日本大震災忌日法会」が応現院(東京都立川市)と東北・関東の8つの本部支部寺院、八戸支部(青森県八戸市)、東北本部(岩手県盛岡市)、真如苑大船渡(岩手県大船渡市)、真如苑仙台(宮城県仙台市)、郡山支部(福島県郡山市)、真如苑福島(福島県福島市)、茨城精舎(茨城県土浦市)、千葉精舎(千葉県千葉市)の合計9カ所において、2400名を越える参座のなか執行されました。
応現院廻向の間では、忌日法会に先立ち、「東日本大震災で犠牲になられた多くの方々へ真如廻向の祈りを至心に運ぶと共に、今なお、不自由な生活をしいられている被災者の皆様が一日も早く平穏な暮らしにもどられることを念じてやみません。震災以来今日まで、朝に夕に、そして法要ごとに復興祈念と衷心廻向を重ねています。一人も多くの方が現生界にて頂く使命をしっかりと果たすべく、勇気と不動心で踏み出してまいりたいと思います。」と法会の主旨と苑主・伊藤真聰のメッセージが伝えられました。
午後2時46分、地震発生の時刻にあわせて黙祷をお捧げし、献香献華が代表により捧げられました。つづく読経に参座教徒は唱和し、真如密に則した廻向が修められました。
 
この日、午前10時30分より苑主導師のもと正輪会の法要が行われました。開式に先立ち応現院をはじめ回線を結ぶ全国本部支部依処と心一つに黙祷をお捧げし、苑主により廻向と復興が祈念されました。
なお、3月20日には、「立教80年春季彼岸会併せて災害犠牲者衷心廻向法要」が行われ、更なる廻向を重ねて参ります。


廻向の間での法会の様子
法要・行事
ページトップへ