最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

当面の支援として1億5千万円の拠出を決定、物資支援続く

2016.04.19
19日午前の対策会議で、九州地方などで断続的に発生している地震への義援金として1億円の拠出を決定しました。この他に、当面のボランティア活動の支援金、見舞金として5千万円を支援することになりました。また、SeRVなどを通して運営サポート(人的支援)等、引き続き教団としてできるかぎりの支援を行っていく方針も確認しました。今後、被災地の受け入れ体制が整い次第、具体的な支援を実施します。

熊本支部では18日、地元信徒らで結成されたSeRV熊本が持ち寄りで支部に避難している方々に炊き出しを行いました。また鹿児島から車で出発したSeRV先遣隊(鹿児島)は、熊本支部に入り避難者に物資を届けました。SeRV大分は、紙コップ9000個、紙皿2500枚、割り箸3000膳、マスク1200枚、おむつ、簡易トイレ、非常食、水など、あらかじめ要望の物資を阿蘇市役所に届けました。

 
社会貢献活動
ページトップへ