最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

過去のニュース

智流学院入行・進行式

2017.04.09
4月9日午前、苑主・伊藤真聰臨席のもと、応現院と全国の智流学院開講本支部とを結び、智流学院入行・進行式が行われました。
1948(昭和23)年、円満な指導者「教師」の育成を目的として開講された「智泉寮」は、翌年、現在の「智流学院」と改称。修養科・本科・研究科の三科の講義を通して真如苑の教学を学び修めると同時に、社会にあっての実践伝道のありかたを学びます。苑主は式にあたり、「先輩方が教学と実践のふたつを修め、信心を堅固に貫いてこられたように、これから智流学院で学ぶ方々も、その信を引き継ぎ、未来に伝えていかれますように」と、実践に根ざした信心の育成を願いました。
なお、海外の本支部では、後日それぞれの精舎の開講スケジュールに合わせて入行・進行式が行われます。

智流学院入行進行式
 
法要・行事
ページトップへ