最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

ニュース

斉燈護摩法要

2017.10.08
10月7日(土)8日(日)、午前11時より、真澄寺山梨別院にて、苑主・伊藤真聰御導師により、「斉燈護摩法要」が行われました。「サイ燈護摩」は、修験道に伝わる野外で修する護摩を言い、当苑では救いの力が遍く、斉しくにわたるようにと、「斉」の字を冠します。

本年は、当苑における斉燈護摩のルーツとも言える、開祖・伊藤真乗が真澄寺開基に先駆け奉修した立川航空神社境内での火生三昧から80年、また、栃木別院にて行われた初の斉燈護摩厳修より40年の、節目の年にあたります。1日目は国内代表教徒が、2日目は海外代表教徒がそれぞれ登壇して法要に加わり、伝統、文化、言語等、あらゆる隔てを超えて、智慧と慈悲の心を「斉」しく展べるべく、他を慈しむ心と行いから世界平和へ、と、至心に祈念込めました。


法要・行事
ページトップへ