最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

ニュース

納めの法前供

2017.12.28
聖地親苑 真澄寺と全国の本支部とを中継で結び、苑主・伊藤真聰導師により「納めの法前供」が行われました。

1935年12月28日、開祖夫妻は縁あって不動明王を勧請。翌年、「寒三十日の修行」を経て、2月に立教しました。この日は、真如苑にとって一年の締めくくり、修行納めの法要であると共に、「出発の日」として位置づけられています。

法要後、苑主は、一年の精進の感謝とともに、来年迎える開基80年に向けて今日から出発していく大事を説き、「ひとりで、ではなく、一緒に頑張っていきましょう」と、信徒に語りかけました。

法要・行事
ページトップへ