最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

ニュース

阪神・淡路大震災から25年

2020.01.17
阪神・淡路大震災の発災から1月17日で25年を迎え、国内でも様々な追悼行事や、震災の教訓を生かし、未来につなぐためのイベントが開かれました。SeRV東京は1月11日、東京国際フォーラムで行われた「1.17 灯りのつどい」(主催:東京災害ボランティアネットワーク)の運営に、ボランティアとして参加 (※)。犠牲となられた方に祈りを捧げるとともに、震災の教訓をいかし、起こりうる災害に対していかに行動するか、運営のお手伝いを通じ理解を深めました。

KOBE MEMORIAL1.17 灯りのつどい (別のサイトへジャンプします)

神戸支部では17日正午、犠牲者への追悼読経が行われました。
発災から25年の節目、集まった信徒はご宝前で思い思いに祈りを捧げていました。

(写真は神戸支部での読経の様子)
神戸支部での定刻読経の様子

※ ご参考: SeRVサイト 『「1.17 灯りのつどい」運営ボランティアに参加』
社会貢献活動
ページトップへ