最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

ニュース

春季彼岸会併せて一切万霊衷心廻向法要

2020.03.20
応現院で「春季彼岸会併せて一切万霊衷心廻向法要」を執行しました。

毎年、春分の日に国内外の精舎で彼岸会を行っておりますが、本年は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で信徒の参座はなく、応現院御宝前において事務局関係者で執行し、信徒も特設サイトを通じて、その様子を視聴し祈りを重ねました。
なお、事務局関係者は毎朝の検温の実施や、手洗いうがいの徹底、読経を黙読にすることを通じた飛沫防止など、十分に配慮して参座しています。

法要では、新型コロナウイルスの犠牲となった方々をはじめ、天災・人災・疾病の犠牲者や各家の先祖、有縁無縁の亡くなったすべての方、さらには、動物・植物など一切万霊に、ねんごろに廻向の祈りを手向けました。

法要後、挨拶に立った苑主は、新型コロナウイルスの感染拡大に対し「日夜、亡き方々への廻向、罹患者当病平癒、医療従事者守護、事態の鎮静を祈っております」と述べ、さらに法要でも一切万霊に廻向の祈りを手向け、さらには今を生きる人々の、未来の幸せが拓けるよう祈念したことを伝えました。

春季彼岸会2020

 
法要・行事
ページトップへ