最新のニュース一覧
過去のニュース一覧

ニュース

水施餓鬼廻向法要・灯籠流し

2020.08.16
送り盆(旧盆)に当たる8月16日、山梨・真澄寺別院で苑主を導師に、代表の地元信徒が集う中、水施餓鬼廻向法要・灯籠流しを行いました。
法要では、新型コロナウイルスの感染症により亡くなられた方々や、「令和2年7月豪雨」で犠牲となられた方をはじめ、すべての亡き方々に黙とうを捧げ、苑主による修法や、飲食供養により至心に廻向の祈りを手向けました。
また、本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響から、河口湖湖畔にある大石公園で同日夕刻に毎年実施している富士河口湖灯籠流し(主催:富士河口湖灯籠流し実行委員会 協賛:真如苑)が中止となりましたが、向けられる祈りを代表の灯籠に託して、法要中、河口湖の湖上に流しました。
法要後、苑主は、5月9日に執行された「摂受心院お誕生108年大祭」で入魂された天地を調和するといわれる護法の神・清瀧大権現様を本日、山梨・真澄寺別院に迎えたことを伝え、「皆様も護法の分身となって、まことの浄行を足許から社会、世界へと展べ、希望と勇気で困難を切り拓いていただきたいと思います。」と語りかけました。
水施餓鬼廻向法要・灯籠流し
法要・行事
ページトップへ